アラサーの為の、60日以内に結婚相手を見つけるブログ<婚活完全ガイド>

好感度があがるメールのやり取り

好きな子とのメールのやり取りのしかたが今ひとつわからないという相談を受けました。

 

ですので今回は、好感度の上がるメールのやり取りの仕方をお伝えしようと思います。

 

これを守って頂ければ相手に好印象を与えますが、逆に守らないとせっかく掴んだチャンスを棒に振ることになりかねません。

 

また、これはメールだけじゃなく、snsのメッセージでも使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

では早速ご紹介します。

 

メールはちょと控えめに

気になる女性とのメールのやり取りですが、基本は「相手に合わせて、ちょっと控えめに」を心がけて下さい。

 

お目当ての子から返信が来て舞い上がってしまい、一気に長文のメールを送る人がいますが、これはやめましょう。

 

女性は必死さが伝わると重く感じます。

 

会ってる時の会話でもそうなんですが、必死すぎると間違いなく相手は引きます。

 

あなたがお店に行って、店員に必死に売り込みされると引いてしまうのと一緒です。

 

いきなり自分を売り込もうとしないで下さい。

 

相手から長文のメールが来た時はそれより少しくらい短いくらいでも大丈夫ですし、短い分の場合はそれに合わせて返信しましょう。

 

肝心なのは「必死さを出さないことです。」

 

質問をする

会話の中でも質問は有効ですが、メールでも質問をすると色々とやり取りが続きます。

 

注意しなければいけないことは、質問は1つだけにしましょう。

 

質問もクローズドクエスチョンではなく、選択肢を与える質問が重要です。

 

クローズドクエスチョンとは、YESかNOで完結する質問です。

 

「映画好きなの?」→「うん、好き」

みたいな感じですね。

 

色んな答えを返せる質問の仕方を考えてみてください。

 

相手の好きなことを話す

当たり前ですが、相手の興味あることを話題にしましょう。

 

そのためにも相手が何を好きなのかはちゃんと情報収集しておいて下さい。

 

付き合ってもいないのに、自分の話ばかりされても相手は面倒臭いだけです。

 

ただし、自分の好きなことでも、控えめな感じで伝えるのはOKです。

 

気遣いを忘れない

メールでも気遣いは大事です。

「寒いので体調に気をつけて下さい」と付け加えたり、「返事ありがと」と素直に感謝を伝えてもいいいです。

 

ただし、お礼をいう時に必死にならないで下さい。

「返事ありがとー!まさか返事くると思わなかったからメチャクチャ嬉しい!マジでありがとね!」

みたいな必死なメールは引かれますので注意して下さい。

 

ネガティブな話はしない

友人、知人の悪口、会社や学校の愚痴、などは絶対に言わないようにしましょう。

 

ある程度親密になって、相談するときなら別ですが、そうでもないのにそんな話を聞かされたらたまったもんじゃありません。

 

ネガティブな発言は相手の気を奪うと考えましょう。

 

生活リズムに合わせる

相手が寝てる時間に送ったり、仕事中に送ったりするのは失礼です。

 

時間が空いてそうな時にサラッと送ってみてください。

 

顔文字などは多用し過ぎない

顔文字や絵文字は初期段階ではあまり多用し過ぎない方が良いです。

 

若いうちはいいですが、ある程度の年齢の男が多用しているのはあまりいい印象を与えません。

 

ただし、あまりに固い文章でも相手は窮屈なので、固くならない程度に散りばめるのはOKです。

 

それと、『(笑)』や『w』は多くても2個までにしてください。

 

それ以上使うとバカだと思われます。

 

返事を強要しない

これはよくやりがちですが、返事が来ないからといって催促しないで下さい。

 

相手も何かしら理由があって送らないわけですから、こんなことされてもウザいだけです。

 

返事が来ない場合は1日くらい経ってからもう一度軽いメールをしてみましょう。

 

3日くらい経っても返事がなければ、脈が無い可能性が高いです。

 

そんな時は諦めて別の女性にアタックして下さい。

 

メールに重点をおかない

最後に一番重要なことです。

 

自分のことをアピールするのは、あくまで会った時です。

 

メールはあくまで会うための手段に過ぎませんので、そこを勘違いしないで下さい。

 

メールで自分を知ってもらおうとするのはやめましょう。

 

大事なことなので、絶対に忘れないで下さい。

 

 

お悩み、ご相談ありましたら、お気軽にメール下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓