アラサーの為の、60日以内に結婚相手を見つけるブログ<婚活完全ガイド>

無意識に相手に好感を抱かせる心理テクニック

人は自分と似ているものを好きになると以前こちらの記事でお伝えしました。

 

これは、言葉だけのやり取りだけじゃなく、身体的な動きでも同じ事が言えます。

 

具体的には

相手が水を飲んだら自分も飲む

相手が髪をイジったら自分も髪を触る

相手が腕を組んだ自分も腕を組む

相手が足を組んだら自分も組む

このように相手の動作を真似ることで、無意識のうちに相手は自分と似ているという感情を持ち、自然と好意的にあなたを見ることになります。

 

これは「ミラーリング」という手法で、恋愛だけでなく、仕事の現場でも使われるテクニックです。

 

ただし、相手が何か動作をしたからって、あからさまに同じ動作をしたらバカにされていると思われるので注意が必要です。

 

ポイントとしては、相手よりワンテンポずらして行ってみてください。

 

「ミラーリング」と同じようなテクニックで「チューニング」というものもあります。

 

これは相手の感情と自分の感情を合わせるというものです。

 

例えば、相手が興奮気味に自分の趣味の話をしていたとしましょう。

 

女「この前の日本代表の試合みた!本田が超すごかったんだよ!」

と言われた時、例え自分がサッカーに興味がなかったとしても

男「へーそうなんだ!それでどうなったの!」

とテンションを相手に合わせることで、相手は自分と同じ感情だと感じ、気持よく話してもらうことが出来ます。

 

これは喜びだけでなく、喜怒哀楽全てのパターンで一緒です。

 

相手の感情と自分の感情を合わす。

 

それだけで相手はあなたと話しているととても楽しい気分になりますので、会話する時は常に意識しておいて下さい。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓